スパムメールのオンパレード、それが池田秀樹氏

Posted in 悪質アフィリエイター on by .


今回も、わけのわからへん詐欺情報商材「池田秀樹氏のディグリードプログラム」について説明しようと思うねん。

まず何といっても、キャッチコピーが凄いねんなぁ…「観るだけで稼げる不思議な映画!」やで。

もしそんな情報商材があるなら、誰でも必死になって観るっちゅうねん。

でもって、池田秀樹氏のディグリードプログラムについていろいろ調べてみると、一部のアフィリエイターがめちゃくちゃ勧めていたり、とにかく不自然な情報商材であることは間違いのない事実やねん。

そして肝心要の映画の内容ですが、いろいろな意味で期待していたわけやけど、結局、どこにでも転がっていそうな胡散臭い高額塾のプロダクトローンチ動画(みたいな)もんやってん。

(コメント欄の書き込み→視聴者プレゼントなど。)

せやけど、池田秀樹氏はほんま凄いで。

何故なら、どこにでもある胡散臭い高額塾のプロダクトローンチ動画を映画として捉えてるねんから。

当たり前のことやけど、映画大好き人間の私にとって、気分が悪くなるっちゅねん。

ちなみに池田秀樹氏のディグリードプログラムの内容は、メールマガジンリストを集めてそのリストから収益を生み出すって感じなんやろうなぁ。

そこにはあらかじめ設定されたテンプレートもあって、そのテンプレートを利用すればサクサクリストを集めることができるんだって。

池田秀樹氏自身も、過去に数多くのメールマガジンに関する商材を販売している経歴があるみたい。

そして仮に池田秀樹氏のメールマガジンが適正な情報商材だったとしたら、「どんなターゲットにどんな商品を売るのか?」ということが明確にわからなあかんやん。

事実、何万リスト・何万アクセス集めたとしても、「どんなターゲットにどんな商品を売るのか?」かがわからへんかったら、収益なんてでるわけないねん。

しかし池田秀樹氏のディグリードプログラムには、そうしたことがまったく書かれてないねん。

せやから私は池田秀樹氏のディグリードプログラムを、限りなく黒に近い詐欺情報商材以外の何ものでもないと思ってるねん。

それと、さらに池田秀樹氏のことを探ってみると、とにかくあちこちで悪評が出てるねん。

「池田秀樹から頻繁に迷惑メールが届き迷惑しています。どうにかできないでしょうか?」

こういう悪評(苦情)が本当に多いねんて。

そうした悪評を考えても、いかに池田秀樹氏が適当な男なのかということがわかると思います。

誰もが知っているメールマガジンだから間違いないのではなく、適正な情報商材というわけではないのです。

池田秀樹氏のディグリードプログラムは、参加した人を苦しめるだけです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *